奥原希望、途中棄権で敗退 悔し涙でコート去る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

途中棄権した奥原は涙を流しながら会見する(撮影・柴田隆二)

<バドミントン:全日本総合選手権>◇1日◇代々木第2体育館◇女子シングルス2回戦

女子シングルスでリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(21=日本ユニシス)が途中棄権で敗退した。

鈴木温子(ヨネックス)と対戦。第1ゲームを23-25と競り負けると、第2ゲームは2-11と大差になった時点で、途中棄権した。大会前から右肩痛を抱え、フルショットができない状態。この日も、第2ゲームからは、まったく自分のプレーができない。最後、コーチから棄権を促されると、悔し涙を流しながらコートを去った。

右肩の痛みは9月のヨネックス・オープンの期間中から発症。今大会は強行出場も、医者からは、スマッシュなどを禁じられていた。リオデジャネイロ五輪前には左右の半月板を損傷しながらも、乗り越えてメダルを獲得している。五輪の栄光直後のケガ。「またバドミントンができないときが、また来るとは思っていなかった」と涙を流す。しばらく嗚咽がとまらなかったが「壁を乗り越えて頑張っていく」と必死で前を見た。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェデラーとセレナはIPTL欠場
ベルダスコら貢献 ジャパン勝利
錦織3位 今年印象に残った選手
ジョコビッチ王座奪還へ練習時間「増やすべき」、ベッカー元コーチ
今井慎太郎 単複V、喜び綴る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加