サムスンモバイルCTOのインジョン・リー氏がGoogleへ移籍。Samsung Payや音声AIアシスタントBixBy開発の立役者

サムスンモバイルCTOのインジョン・リー氏がGoogleへ移籍。Samsung Payや音声AIアシスタントBixBy開発の立役者

  • Engadget
  • 更新日:2018/02/14
No image

サムスンモバイルCTOで音声アシスタントBixByの開発を率いていたインジョン・リー氏が、Googleへ移籍したことを発表しました。Googleはリー氏がクラウドコンピューティング部門で新たな仕事開始することを認めています。サムスンでのリー氏は、Samsung PayやKnoxセキュリティプラットフォームの開発で重要な役割を担い、最近では音声AIアシスタントBixByの開発を主導するなど、ハードウェア色が濃い会社の中で話題あるソフトウェアづくりに携わってきました。

リー氏本人によると、Googleにおける新たな仕事として、クラウドサービスのトップに立つダイアン・グリーン氏の下で家庭/ビジネス両方のIoTブロジェクトに携わるだろうとのこと。ただ、具体的にどんな製品を扱うのかは明らかにしていません。

一方、CTOが抜けてしまったサムスンモバイルの方はと言うと、、すでにSamsung PayやKnoxサービスは軌道に乗っており、BixBy 2.0も2018年内のリリースに向けてスマートスピーカーはもとよりTVや冷蔵庫にまで搭載されて登場する予定とのこと。実際のところの影響はそれほどではないかもしれません。

しかし、これからサムスンモバイルで開発される新しいソフトウェアやサービスが、リー氏時代のような輝きを持ったものになるかは、蓋を開けてみるまではなんとも言えません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超個性派からハイエンドまで!こだわり派におすすめのSIMフリースマホ11選
「楽天カード」と「楽天PINKカード」でディズニー・デザインを採用
ディズニー、スマホでパーク入園可能に
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで83%以上オフも!「本革防寒グローブ」や「LGフルHDモニター」がお買い得に
お値段9990円!機内持ち込みサイズで44lの大容量を実現したドン・キホーテのキャスターが収納できるキャリーケース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加