【フランクフルトモーターショー2017】コンチネンタル、「BEE」をバーチャル体験...群れを作る自動運転車

【フランクフルトモーターショー2017】コンチネンタル、「BEE」をバーチャル体験...群れを作る自動運転車

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/14
No image

コンチネンタル BEE

もっと画像を見る
コンチネンタルは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、コンセプトカーの『BEE』のバーチャル体験を行った。

車名のBEEとは、バランスド・エコノミー&エコロジーモビリティコンセプトの略。経済性とエコロジー性を両立させたコンセプトカーとなる。また、BEEは英語でミツバチを意味。コンチネンタルによると、ミツバチのように考え抜かれた群行動によって、BEEは都市環境におけるモビリティの一部になるという。

BEEは、大人1名または2名向けに設計されたストレスフリーで、快適な都市移動を可能にするコンチネンタルの未来型コンセプトカー。BEEは最高速60km/h、1日あたりの走行距離350km以上を実現。将来的には日常生活において、さまざまなサイズで異なる機能をもつ自動運転車や電動車両などの群れの一部となり、各ユーザーの需要に最大限に対応することを想定している。

さらにBEEは、専用アプリでユーザーの元に呼び出すことが可能。コンチネンタルのモビリティコンセプトでは、BEEの呼び出しから実車到着までの所要時間は数分という。フランクフルトモーターショー2017の会場では、仮想現実のVRグラスをかけて、BEEの車両コンセプトを体験するデモを実施している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【注意】iOS 11のコントロールセンターでは「Wi-Fi/Bluetooth」はオフにできないぞ
大きめディスプレイでスーツに映えるモトローラのスマートウォッチ『Moto 360』
100万量子ビットの処理も可能な光量子コンピュータの実現法 - 東大が発明
ソニーの完全ワイヤレスイヤフォンはAirPodsに対抗できる完成度
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで90%以上オフも! スマホカメラ用望遠レンズやスマート体重計が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加