愛媛がJ2通算150勝、三度リード奪って最下位群馬との打ち合い制す

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/12

[11.12 J2第41節 愛媛4-2群馬 ニンスタ]

J2リーグは12日、第41節を各地で行い、愛媛FCがホームでザスパクサツ群馬と対戦し、4-2で勝利した。愛媛は二度追いつかれたが、打ち合いを制してホーム最終節でJ2通算150勝を達成。最下位が確定している群馬は9試合ぶりの勝利とはならなかった。

前半10分に愛媛が先手を取った。FW河原和寿が左後方から絶妙なクロスを入れると、FW西田剛が胸トラップから左足を振り抜き、ゴールに流し込んだ。幸先良く先制に成功。愛媛はその後も鋭いクロスからチャンスをつくるが、守勢に回った群馬はシュート0本で前半を折り返した。

0-1で折り返した後半開始と同時にMF石田雅俊を投入した群馬は10分、ドリブルで仕掛けたMF岡庭裕貴が倒され、PKのチャンスを獲得する。キッカーのFWカン・スイルが右足で浮かせ、ゴール右上隅にぶち抜いた。

1-1に追いつかれた直後、愛媛はすぐさま試合を振り出しに戻す。後半14分、MF白井康介がPA左からスピードを上げて仕掛け、ゴール前に絶妙なクロス。フリーの河原が完璧なダイビングヘッドで押し込み、勝ち越しに成功した。

試合は打ち合いの様相を呈し、後半25分、MF山岸祐也の絶妙なスルーパスで抜け出したカン・スイルが左足ダイレクトで合わせ、この日2点目で再び2-2。その1分後にはFW丹羽詩温の左クロスに西田がダイビングヘッドで合わせ、みたびリードを奪った。

3-2に勝ち越した愛媛は後半42分、FW有田光希からラストパスを受けた丹羽がダメ押しの4点目。ホーム最終節の愛媛が意地を見せ、4-2で打ち合いを制し、5試合ぶりに勝利を挙げた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第41節2日目 スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎Fは負ければV逸!MF阿部弾で望みをつなぐ
鹿島、18日にJ1優勝決定の可能性。負けたら終わりの2位川崎Fは意地を見せられるか
A東京3敗目も馬場22得点「自分がやらなきゃ」
ワッキー“30年前”市船サッカー部時代 名良橋選手をマークするレアショット
【J1残留争いまとめ】新潟&大宮に今節でのJ2降格決定の可能性。札幌は16年ぶりJ1残留に王手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加