オランダ敗退は世代交代の失敗か、若手伸び悩み深刻

オランダ敗退は世代交代の失敗か、若手伸び悩み深刻

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

スウエーデンに勝利したものの、うつむくオランダのドスト(右)。左はブリント(AP)

<W杯欧州予選:オランダ2-0スウェーデン>◇A組◇10日◇アムステルダム

W杯欧州予選で、14年ブラジル大会3位のオランダは本大会出場権を逃した。2位スウェーデンを2-0で下したが、得失点差で届かずにA組3位で敗退。世代交代の失敗が敗因とされている。

オランダはプレーオフ進出には7点差以上の勝利が必要だったが、33歳のMFロッベンの2得点どまり。5月にアドフォカート監督が3度目の復帰。若手の伸び悩みが深刻で、33歳のMFスナイダーや、30歳のFWバベルを復帰させるしかなかった。14年大会3位を上回る優勝が期待されたが、02年大会の出場を逃して以来の敗退。代表引退するロッベンは「特別で、難しい試合」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
こんなのあり!? 数的不利に陥ってから2得点...バルサがCL開幕3連勝!!
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
100点目メッシに最高点
本田2試合連続フル出場、無回転ミドルが得点に繋がるも...パチューカは3戦未勝利
チェルシーとローマ、壮絶打ち合いの末ドロー...アザールとジェコが2発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加