最新ランキングをチェックしよう
齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/25

短編『ア・デート・イン2025(原題) / A Date in 2025』(アメリカ)のライアン・ターナー監督と記念撮影。

【第67回】
 齊藤工監督は初長編監督作『blank13』(公開中)を引っ提げて、世界中の映画祭を巡回中だ。彼はなぜ多忙なスケジュールの合間をぬって映画祭に参加し、そこから何が見えたのか。北米プレミア上映となった第26回ハートランド映画祭(2017年10月12日~22日)を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
愛していた彼氏が浮気相手とまさかの展開 衝撃発言に「クズすぎる」と絶句
日系車のエンジンを真似すれば良いだと? 「口で言うほど簡単じゃないぞ」=中国メディア
『半分、青い。』最終週、そよ風ファンは商品化へ 鈴愛と律の関係は...
僕らの視線を奪う東京ゲームショウ2018コンパニオン図鑑
トイレにまつわる日本人の意外な真実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加