最新ランキングをチェックしよう
齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/25

短編『ア・デート・イン2025(原題) / A Date in 2025』(アメリカ)のライアン・ターナー監督と記念撮影。

【第67回】
 齊藤工監督は初長編監督作『blank13』(公開中)を引っ提げて、世界中の映画祭を巡回中だ。彼はなぜ多忙なスケジュールの合間をぬって映画祭に参加し、そこから何が見えたのか。北米プレミア上映となった第26回ハートランド映画祭(2017年10月12日~22日)を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
西内まりや、美谷間くっきり 透けドレスで色気放つ<BVLGARI AVRORA AWARDS 2018>
コンビニで店員さんに暴言を吐くおばあさん。それを見かねた客の対応が話題に
説明が「下手な人」と「うまい人」の違いは?
PayPay旋風で浮き彫りになる、電子マネー&ポイントカードの「二刀流」が面倒くさい問題
日本に興味なかったけど・・・それでも日本に来た中国人の目に映る日本の姿=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加