最新ランキングをチェックしよう
齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

齊藤工が熱く語った!高校生に刺激を受けたハートランド映画祭(アメリカ)

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2018/02/25

短編『ア・デート・イン2025(原題) / A Date in 2025』(アメリカ)のライアン・ターナー監督と記念撮影。

【第67回】
 齊藤工監督は初長編監督作『blank13』(公開中)を引っ提げて、世界中の映画祭を巡回中だ。彼はなぜ多忙なスケジュールの合間をぬって映画祭に参加し、そこから何が見えたのか。北米プレミア上映となった第26回ハートランド映画祭(2017年10月12日~22日)を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【コロンビア戦のスタメン予想】ボランチで確定なのは...。「トップ下・香川」と断定できない理由は?
高校バスケ試合中、留学生選手が審判を殴りKO 驚きの行動に「廃部やむなし」の声
イヌに驚いて転倒→骨折→飼い主に賠償命令「1284万円」の衝撃
木村拓哉次女“長髪時代のキムタク”にそっくり
大傑作『万引き家族』、松岡茉優の谷間に見とれる祥太に男の成長を見た!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加