Microsoftのマルウェアスキャンエンジンに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

Microsoftのマルウェアスキャンエンジンに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7日、Microsoftのマルウェアスキャンエンジン「Microsoft Malware Protection Engine」に、リモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2017-11937)が存在するとして注意を喚起した。

Microsoftが米国時間6日に公開した「Microsoft Malware Protection Engine」のセキュリティ更新プログラムには、深刻度が最も高い「緊急」となるセキュリティ更新プログラムが含まれている。この脆弱性を悪用された場合、リモート経由で第三者による任意のコードが実行される恐れがある。

脆弱性の影響を受けるのは、次の製品。JPCERT/CCはセキュリティ更新プログラムの早期適用を呼びかけている。

Windows Defender

Microsoft Exchange Server 2016

Windows Intune Endpoint Protection

Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010

Microsoft Security Essentials

Microsoft Exchange Server 2013

Microsoft Endpoint Protection

Microsoft Forefront Endpoint Protection

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazon Alexaが音楽目覚まし時計になった
エレコム、4K解像度の360°映像を撮影できる生活防水対応のVRカメラ「OMNI shot」を発売
針を使わずに薬を皮下投与するデバイス「PRIME」、武田薬品の薬で製品化へ
2017年冬の決定版!"完全ワイヤレスイヤホン"の狙い目モデル5選
Googleのスマートスピーカーの最高級機Home Maxが発売、音質重視の製品だ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加