カワサキの正しい唯我独尊...EV化に目もくれず4気筒エンジン“バケモノ的”バイク投入

カワサキの正しい唯我独尊...EV化に目もくれず4気筒エンジン“バケモノ的”バイク投入

  • Business Journal
  • 更新日:2019/11/19
No image

カワサキ「Ninja ZX-25R」

2019年の東京モーターショーは一昨年同様、東京・有明の「東京ビッグサイト」で開催された。トヨタ自動車のホームグラウンドである「台場MEGAWEB」を長い通路で連結したり、これまでにない趣向をさまざまに凝らしたりと、なかなか見応えのある東京モーターショーになったと、ホッと胸をなでおろした。

というのも、数年前から下火説が消えてなくならない東京モーターショーが、ガラリとフルモデルチェンジをしていたからである。保守的だった体制を改め、革新に挑んだことは評価したい。

クルマをめぐる環境は大きく変化しており、かつては自動車ショーの花形だった東京モーターショーも、来場者の減少が叫ばれている。国内市場のシュリンクによって、輸入メーカーの出展取りやめも目立つ。憧れの外国車を一目見ようと東京モーターショーに人が押し寄せたのも過去のこと。そんな負のオーラが漂うなか、大鉈を振るったことは大歓迎なのだ。

ただし、出展車のほとんどは、自動運転と電気自動車(EV)化に集約されており、凡庸な空気感であることは否めない。主要な自動車メーカーが近未来のコンセプトカーを展示するものの、すべては予想の範疇であり、机上の空論のようでリアリティがない。ドキドキさせてくれる出展車は数少なかったのである。

ヤマハとカワサキの対照的な戦略

No image

そんななか、バイクメーカーは気を吐いていたように思う。本田技研工業(ホンダ)とスズキを除いた2輪専売メーカーの鼻息が荒く、特にヤマハ発動機と川崎重工業(カワサキ)は対比が面白い。

ヤマハは徹頭徹尾、EV化を旗印にしていた。メインステージにはEVスクーターを展示。トライアルやモトクロスといったEVマシンを花道に並べていた。バイク競技もEV化の波が押し寄せているのだ。“史上最強のライダー”との呼び声高いバレンティーノ・ロッシが率いるロードレース世界選手権(モトGP)では、ガソリンエンジンが大活躍しているというのに、モックアップの展示すらしないという潔さである。ヤマハはあからさまにEVへのシフトを声高に叫んだのだ。

No image

「カワサキ500メグロK2」

その一方で、筆者のハートを鷲掴みにしたのがカワサキである。ヤマハの戦略に背を向けるかのように、内燃機関を徹底的に突き詰めたマシンを投入、武闘派の狼煙を上げたのだ。

スポットライトを浴びながらターンテーブルで回るのは、EVではない激辛スーパーバイクの2台である。

「Ninja ZX-25R」は、249ccの水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載するフルカウルスーパースポーツ。スペック等の詳細は不明だが、恐ろしいパワーを炸裂させるに違いない。クオーターと呼ぶ250ccクラスに4気筒エンジンが投入されるのは、10年以上前まで生産していたホンダ「ホーネット250」が最後である。

No image

ウルトラスーパースポーツ「Ninja Z H2」は、なんとスーパーチャージャー付きエンジンを搭載。排気量は998cc。最大出力は231ps。最高速度は400km/hに達すると噂されている。常軌を逸したバケモノである。

ヤマハがスーパースポーツを1台も発表せず、つつましくEVスクーターを壇上に上げているにもかかわらず、カワサキにはEVらしきバイクは1台もない。そればかりか、古き良き昭和の面影を残す「W800」を発表。「W1」のオマージュで懐古趣味を刺激する。今は亡き戦前のオートバイメーカーであった目黒製作所の版権を持ち、「カワサキ500メグロK2」として復活させている。

というように、ヤマハが近未来のEV一本打法なのに対してカワサキは、EVや近未来には目もくれず、モンスターガソリンマシンと昭和のバイクに特化しているのだ。その対比が面白い。

念のために付け加えるならば、カワサキはとてつもない技術力を備えている。時代の先を走る。だが、いざ公の場になると、大太刀をブンブンと振り回すのだから面白い。

果たしてどちらの戦略に軍配が上がるのか。しばらくこの2社から目が離せそうもない。
(文=木下隆之/レーシングドライバー)

●木下隆之
プロレーシングドライバー、レーシングチームプリンシパル、クリエイティブディレクター、文筆業、自動車評論家、日本カーオブザイヤー選考委員、日本ボートオブザイヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員 「木下隆之のクルマ三昧」「木下隆之の試乗スケッチ」(いずれも産経新聞社)、「木下隆之のクルマ・スキ・トモニ」(TOYOTA GAZOO RACING)、「木下隆之のR’s百景」「木下隆之のハビタブルゾーン」(いずれも交通タイムス社)、「木下隆之の人生いつでもREDZONE」(ネコ・パブリッシング)など連載を多数抱える。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JSRが韓国で半導体製造用フォトレジスト製造を検討 - 韓国メディア報道
百貨店の閉店ラッシュが止まらない...ありがとう、そしてサヨナラ
コンサルティングファームとは“何をやって”いるのか? 知られざる業界全体と実態
朝日新聞「最大6千万円で早期退職者を募集」報道にネット衝撃
「トップを降りるつもりはないのか?」ユニクロ・柳井社長に“後継者問題”を直撃すると......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加