「たそがれたかこ」の入江喜和、50歳のヒロイン描く新作「ゆりあ先生の赤い糸」

「たそがれたかこ」の入江喜和、50歳のヒロイン描く新作「ゆりあ先生の赤い糸」

  • ナタリー
  • 更新日:2018/02/15

入江喜和の新連載「ゆりあ先生の赤い糸」が、本日2月15日発売のBE・LOVE5号(講談社)にてスタートした。

No image

「ゆりあ先生の赤い糸」扉ページイラスト。

すべての写真を見る(全2枚)

「たそがれたかこ」の入江が描く本作は、50歳のヒロイン・ゆりあを描くファミリードラマ。物語はゆりあの子供時代のエピソードからスタートする。大工の父と洋品店を営む母を持つゆりあは、姉・蘭の影響でバレエを始めることに。女の子らしい姉に対し、“おっさん”というあだ名が付けられてしまうぐらい男勝りなゆりあだったが、次第にバレエの楽しさに目覚めていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【来てくれたの? えらい!】人気キャラ・コウペンちゃん初の原画展「コウペンちゃん ミュージアム」が開催されるよ~!
「CCさくら」さくらの制服をイメージしたコラボバッグ、リュック&ショルダーの2WAY仕様
『天は赤い河のほとり』16年ぶり完全新作エピソード
地味なネガティブ男子とモテ系イケメンのBL「好きでごめん。」1巻
“殺し屋学園”に通う工作員の少女たちを描く、「グリザイア」シリーズ最新作1巻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加