小島聡、EVILに轟沈で幕 来年以降も出場目指す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15

<新日本G1クライマックス27:両国大会>◇12日◇両国国技館◇観衆7591人(札止め)

Bブロック予選リーグ最終戦で、ベテラン小島聡(46)が、EVILに敗れ、1勝8敗の勝ち点2で大会を終えた。EVIL戦も勝利への闘志をむき出しに、激戦を展開。もう1歩まで追い詰めたが、最後はラリアット合戦の末、ヘッドバットからEVILを食らい轟沈(ごうちん)した。

同じ第3世代と呼ばれる永田裕志(49)が、前日のAブロック最終戦を最後にG1からの卒業。小島は「今回の成績を受けて、私はG1に出場する資格のない選手だということが分かった。しかし、来年のG1まで頑張って努力すれば、もしかしたら出場する資格が出てくるかもしれない」と、こちらは来年以降の出場を目指していく考えを示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高藤直寿「まだまだ僕が一番強い」世界王者奪還誓う
メイウェザー最後の会見「マクレガーは強い、タフ」
山中倒し新王者のネリ、薬物検査で陽性と米メディア
亀海喜寛「ジムワークは一段落」コット戦へ最終段階
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加