インテリックス---1Qは大幅増収増益と好スタート、主力のリノヴェックスマンション事業が好調

インテリックス---1Qは大幅増収増益と好スタート、主力のリノヴェックスマンション事業が好調

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/11
No image

株式会社フィスコ

インテリックス<8940>は6日、2018年5月期第1四半期(2017年6-8月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比28.4%増の102.65億円、営業利益が同52.0%増の2.35億円、経常利益が同245.9%増の1.52億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同313.7%増の0.90億円だった。

主事業の中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)は、地方主要都市では市場浸透が進み、販売件数は前年同期比63.8%増の172件と大幅に数を伸ばした。首都圏では厳しい競争環境ながらも、販売件数は同5.7%増の184件と前年同期を上回る結果となった。結果、全社でのリノヴェックスマンションの販売件数は、同27.6%増の356件となり、同事業における物件販売の売上高も同26.7%増と2ケタ増収となった。

2018年5月期通期の連結業績については、売上高が前期比13.2%増の468.75億円、営業利益が同8.3%増の19.03億円、経常利益が同6.7%増の14.32億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.0%増の9.89億円とする計画を据え置いている。

<TN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西室泰三氏が死去、東芝・日本郵政社長を歴任
アジア初開催!「HAY」のキッチンカテゴリーに特化した巡回展
【報ステ】割れるアベノミクス“評価”...専門家は
スタートアップワールドカップ日本代表は衣類折りたたみ機開発のセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ
ドコモ、新たに長期利用者の優遇を強化する方針~18年5月以降
  • このエントリーをはてなブックマークに追加