ニュージーランドの警察無線でN.W.A.の「Fuck tha Police」が流れる

ニュージーランドの警察無線でN.W.A.の「Fuck tha Police」が流れる

  • BARKS
  • 更新日:2018/01/11
No image

ニュージーランド南部で最近、何者かが警察無線からN.W.A.の「Fuck tha Police」を繰り返し流し続けるという愚行を重ね、警察の業務を妨げているそうだ。

◆『Straight Outta Compton』画像

地元の新聞『Otago Daily Times』によると、聴く者をウンザリさせるばかりか、先週末、銃を持った男が目撃され、警官同士で連絡を取り合おうとした際邪魔になるなど、危険な状況を引き起こしているという。

警官の1人は「人々を危険にさらしている。これが続けば応答に遅れが出る」と、同紙に話している。

数日に渡り何度か起きており、N.W.A.のほかレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのカヴァー・ヴァージョンが流れることもあるという。警察は「警察無線の妨害は市民の安全を脅かし、これをしでかしている者には1年以下の懲役が科せられる」とコメントしている。

ニュージーランドでは昨年8月、別の地域の警察無線で豚の鳴き声が流れたこともあったという。

Ako Suzuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パチンと異音 くしゃみ我慢の34歳男性“のど破裂”
現代的な本格オフローダーに改造された、1970年代のインターナショナル「スカウトII」がオークションに登場!
ベトナムらしくないダラット駅が若者に人気の観光地になった理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>
新品で購入したジーンズのポケットに汚れた「紐パン」(米)
新型ドイツ軍艦は不合格、背景に何が
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加