彼女と家族に失礼がないように気をつけたい注意点9パターン

彼女と家族に失礼がないように気をつけたい注意点9パターン

  • オトメスゴレン
  • 更新日:2018/06/19
No image

彼女と家族に失礼がないように気をつけたい注意点9パターン

恋愛関係を円満に続けていけるかどうかは、その周囲にある人間関係が円滑であることも重要な要素となります。特に、彼女の家族に気に入られるかどうかは、男性にとって乗り越えたいハードルのひとつ。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者への調査結果をもとに、「彼女と家族に失礼がないように気をつけたい注意点9パターン」をご紹介します。

【1】何事も最初が肝心の「礼儀正しい挨拶」

「頑固な親だから、挨拶がきちんとできない人は認めてくれない」(20代女性)など、人間関係の基本中の基本である「挨拶」は特に重視されるポイントのようです。挨拶ひとつにも人柄が表れるもの。礼儀正しくきちんとした挨拶ができれば好印象でしょう。

【2】第一印象を左右する「身だしなみ」

「自然体っぽくして失敗するよりは、普段より少しキチンとした格好をしてほしい」(20代女性)など、彼女の家族に会うときくらいは、普段よりもキレイ目のファッションをしたいものです。無精ひげをそる、爪を切るなど、清潔感を意識することも大切でしょう。

【3】敬語に教養がにじみ出る「言葉遣い」

「初対面の親に対してタメ口とかありえない。ちゃんとした敬語で話してくれると安心する」(20代女性)など、目上の相手に対して、正しい敬語が使える男性は好感度が高いようです。「○○っすね?」のような、若者っぽい言葉遣いは避けるとよいでしょう。

【4】しつけの良さを感じさせる「食事マナー」

「お箸の持ち方がヘタだったり、クチャクチャ食べる人だと、家族に紹介するとき困る」(20代女性)など、子供の頃のしつけが反映される食事マナーは、会食の際などに目立ちます。事前に彼女にチェックしてもらって、悪い部分は直しておきましょう。

【5】変にオドオドしない「堂々とした態度」

「自信なさげに小声で喋ったり、うつむいているのは印象が悪くなる」(20代女性)など、男らしく堂々とした態度は、男性としての頼りがいをアピールできる要素です。彼女の家族を前にして緊張してしまっても、背筋はピッと伸ばしておきましょう。

【6】ハキハキ返事する「会話の受け答え」

「自己アピールで変に自慢話をするより、質問にハキハキ返事するのが一番いい」(20代女性)という意見のように、両親との会話の際には、若者らしい謙虚な態度で相手の話を聞き、元気よく受け答えをすると高ポイントのようです。目上の人を立てることを忘れてはいけないでしょう。

【7】コトバよりも雄弁な「笑顔」

「会話がヘタでも、ニコニコして爽やかな笑顔でいてくれれば私もフォローできる」(20代女性)など、場の空気をなごませる笑顔は、ときにコトバよりも印象的なことがあるようです。上手く会話をする自信がなくとも、笑顔だけは惜しまないように心がけましょう。

【8】玄関から見られている「靴を揃える」

「自宅に招くとき、両親から一番最初に見られるポイント。これができれば印象アップ」(30代女性)など、玄関でのちょっとしたマナーも、彼女の親から見られていると考えるべきのようです。脱いだ靴をサッと揃えるだけなので、忘れないようにしたいものです。

【9】意外とイメージを決定づける「一人称」

「自分を『俺』と呼ぶのは印象がイマイチ。親と話すときは『僕』でお願いします」(20代女性)など、会話の際の注意点として、意外にイメージを左右するのが一人称です。ぶっきらぼうな印象を与える「俺」よりも、爽やかに「僕」を使うと好印象でしょう。

ほかにも、「彼女と家族に失礼がないように気をつけたい注意点」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
実はそれセクハラだから!夏の職場で気をつけたいセリフ9パターン
10の質問でわかる【男性の好意に気づかない度】彼が送る好きのサインに気づいている?
鈴木おさむが美人モデルと結婚しなかった理由
彼氏が「俺への愛情が足りない!」と思う瞬間9パターン
好感度が下がるかも!? 好きな人や彼氏が答えに困る“NG質問”4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加