増えすぎたSNSの友だちをこっそり整理する方法

増えすぎたSNSの友だちをこっそり整理する方法

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/14

LINEやFacebookで義理で友達になった人や、交流がなくなった相手を整理するには? SNSの達人にその方法を詳しく解説してもらった。

No image

◎相手との関係に合わせて適切な方法で整理する

No image

SNSでは、家族や友人など親しい間柄の人と、ほとんど連絡を取らない人が同列に並んでしまいます。疎遠な「友達」が増えると、本当に連絡したい相手がすぐ探し出せなかったり、見逃したくない近況が埋もれてしまうことも。リアルな人間関係にひびを入れないよう、コッソリと友達を整理しましょう。

友達の整理に最も神経を使うのがFacebookです。友達を削除、またはブロックすると、友達の数が減ったことや、コメントのやりとりなどから、周囲にも気づかれることがあるからです。共通の友人がいない相手から整理するといいでしょう。波風が立ちそうな、相手の投稿を非表示にするだけでも、ニュースフィードがすっきりします。

LINEはブロックしたことが相手や周囲に気づかれにくいですが、まずは非表示で整理するのが無難。連絡が来ることが耐えられない相手は、思い切ってブロックしましょう。ただしブロックしてもプロフィールは見られてしまうので、ステータスメッセージには余計なことを書かないなど、配慮が必要です。

No image

SNSの達人 鈴木朋子さん

LINE、Facebook、TwitterなどSNS系の書籍やウェブ記事を数多く執筆するライター。女性目線でのスマホ記事にも定評がある。

No image

【Facebook】しがらみのない友達から整理しよう

仕事上のつながりが多いFacebookでは、削除やブロックが「友達の友達」に気づかれることもある。慎重にいくなら、友達のままにしておき、相手の投稿を非表示にするとよい。

[友達を削除またはブロックする]

No image

「その他」から自分のタイムラインを表示し、「友達」の「すべての友達を表示」をタップする。

No image

リストからあなたが整理(削除、またはブロック)したい相手の「友達」ボタンをタップする。

No image

「○○さんを友達から削除」、または「○○さんをブロック」のどちらかを選びタップする。

■Facebookの削除とブロックの違い

友達を削除とは……友達を削除すると、相手の友達リストからも削除される。ただし、相手が検索などでたどり着いた場合、相手は自分のプロフィールや公開投稿を見られる。

友達をブロックとは……友達をブロックすると、相手の友達リストから削除され、お互いにプロフィールや投稿、共通の友達へのコメントが見られない。メッセージも不可となる。

〔友達のまま投稿だけ表示されないようにする〕

No image

上の友達一覧画面で非表示にしたい相手のメニューボタンをタップし、「○○のフォローをやめる」をタップする。

No image

【LINE】疎遠な相手は非表示かブロックで整理する

気軽につながれるからこそ、友だちがどんどん増えるLINE。まずは非表示にして整理しよう。縁を切りたい相手と不要になった公式アカウントはブロックだ。

[友だちを非表示またはブロックする]

No image

「友だち」画面で整理したい友だちを左にスライド(Androidは長押し)する。

No image

画面に出てきた「非表示」、または「ブロック」の表示を選んでタップする。

■LINEの非表示とブロックの違い

非表示とは……友だち一覧に相手が表示されないが、友だちのつながりは残る。相手からトークや通話が来たら受けられる。タイムラインへの投稿も相手から見られる。

ブロックとは……相手のトークや通話が通知されなくなり、相手からはトークが未読で通話に出ない状態に。タイムラインの投稿は非表示になるが、プロフィール画面は見られる。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
あの89歳自撮り婆さん「西本喜美子」の展覧会が開催される!相変わらずシュールと話題に
【大発見】ケンタッキーの骨でダシをとった「ケンタ風呂」が最高に気持ちイイことが判明 / 肌もツヤツヤになるし一石二鳥
室内「エアーなわ跳び」でダイエット。でもブラジャーには注意して!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加