福岡県内、昼前にかけて大雪のおそれ 福岡管区気象台

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

福岡管区気象台は12日、大雪に関する福岡県気象情報を出した。九州北部地方の上空約1500メートルには、平年より10度前後低い氷点下12度以下の強い寒気が流れ込んでいる。

このため、福岡県では昼前にかけて断続的に雪が降り、山地、平地共に大雪となるおそれがある。日中の気温も平年よりかなり低い見込み。

降雪の深さの予想は、12日午前6時から24時間で、多い所で、山地(標高200メートルを超える地域)で5センチ、平地2センチ。

=2018/01/12 西日本新聞=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
父を刺し死なせた慶應大生 恵まれた人生を覆った父のDV疑惑
相鉄HD「追い出し」問題の実像、バスジャック解決の運転手も休職...会社側発言めぐり不当労働行為認定
首都圏の雪予想 4年前の大雪と同じパターンの可能性も
正社員・非正規の待遇の差が明らかに! 「年賀はがき販売成績1位が非正規で2位の正社員に海外旅行贈呈」のツイートに日本郵便への批判集まる
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加