富士フイルム、APS-Cミラーレスカメラの新作「FUJIFILM X-T200」

富士フイルム、APS-Cミラーレスカメラの新作「FUJIFILM X-T200」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/01/23
No image

富士フイルムは1月23日、レンズ交換式のミラーレスデジタルカメラ「X」シリーズの新製品として、「FUJIFILM X-T200(以下、X-T200)」を発表した。2月27日に発売する。

ラインナップは、シルバー、ダークシルバー、シャンパンゴールドのカラーバリエーションそれぞれに、2種類のレンズキットを用意。標準ズームとのレンズキットには「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」がセットに、ダブルズームレンズキットは「フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」と「フジノンレンズ XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」がセットになっている。ボディのみでは販売されない。

価格はオープン、推定市場価格(税別)は標準ズームのレンズキットが94,500円前後、ダブルズームレンズキットが119,500円前後。

今回のX-T200は、X-Tシリーズの「センターファインダースタイル」を継承。ボディが約370gと軽く、持ち運びやすい機動性が魅力だ。センサーは有効画素数約2,424万画素のAPS-Cサイズで、独自の色再現技術などによって、人間の記憶に残る「記憶色」を再現するとしている。

従来モデルと比べてAF性能も向上。センサー全面における像面位相差画素の配置とアルゴリズムが進化し、動体追従性能に優れる。顔・瞳AFに対応するほか、暗所でのピント合わせも高速・高精度になった。ISO感度はISO200~12800(拡張感度設定時最大51200)。シャッター速度は4秒~1/4,000秒(Pモード時)で、最長60分のバルブ撮影も可能。

背面のディスプレイは約276万ドットの3.5インチサイズで、タッチ操作に対応。1,000カンデラの明るさがあるので、晴天時の屋外でも見やすくなっている。角度を自由に調整できるバリアングル構造を採用し、ローアングル、ハイアングル、セルフィ撮影など、ディスプレイを見ながら被写体を確認しやすい。ファインダーは0.39型有機ELを搭載。

動画撮影は、4K/30fpsでの撮影に対応。記録メディアには最大512GBのSDXCメモリーカードを使用できる。無線機能は、IEEE802.11b/g/nとBluetooth 4.2。電池寿命は、標準撮影枚数が約270枚(スタンダード時)、連続動画撮影時間が約80分(4K/30p時)。本体サイズはW121×D55.1×H83.7mm、重さは約370g(バッテリ、メモリーカード含む)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水道工事不要だからすぐ使える!タンクに水を入れて使用するサンコーのタンク式食洗機「ラクア」
ネットギア、約1.5万円のエントリー向けWi-Fi 6対応ルータ「RAX20」
Photoshopデスクトップ版とiPad版に新機能が追加
3DCGを駆使しUnreal Engine 4やPhotoshopでマンガを描く浅野いにおさんの作画の様子に迫るムービーが公開
縦型折りたたみスマホ「Moto Razr」、早くもスクリーンが剥がれた報告。原因は温度差?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加