「覚めることない悪夢」 一家3人殺害事件から20年

「覚めることない悪夢」 一家3人殺害事件から20年

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

1998年に群馬県で一家3人が殺害された事件から14日で20年になり、遺族の女性が「覚めることのない悪夢を見続けているよう」と現在の心境をつづりました。

1998年1月14日、旧群馬町の住宅で石井武夫さん(当時48)ら一家3人が包丁で刺されるなどして殺害されました。警察は当時、石井さんの長女を付け回していた小暮洋史容疑者(48)を殺人の疑いで全国に指名手配しています。事件から20年を迎え、長女はコメントを寄せ、「他人の人生を傍観しているようで、覚めることのない悪夢をずっと見続けているよう」と悲しみに暮れた20年の心境を明らかにしました。群馬県警の捜査員らが14日、JR高崎駅で小暮容疑者の顔や癖を載せたチラシを配るなどして、情報提供を呼び掛けました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
少女が歩道橋から飛び降り 脅され妹の身代わりに
雪かきで「お湯はダメ」助言が続々 本当?除雪の「プロ」の意外な見解
【逆襲】明日1/24は冬将軍が再び大暴れしてヤバイことになるらしい / 最強クラスの強い寒気が襲来か
【報ステ】草津白根山噴火 噴石で自衛隊員1人死亡2
【報ステ】老人ホーム連続転落死、被告が容疑否認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加