木村 準決最下位も幸せ「新しい目標ができた」

木村 準決最下位も幸せ「新しい目標ができた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇陸上世界選手権第8日 女子100メートル障害(2017年8月11日 英ロンドン・ロンドン競技場)

No image

女子100メートルハードル準決勝、レースを終え引き揚げる木村

美女ハードラーが確かな足跡を残した。11日の準決勝は13秒29で2組最下位。それでも29歳の木村は「幸せでした。あの場に立てて。いろんなことがあってここまで来られた」と胸を張った。

12年ロンドン五輪で予選落ちをした場所で、この種目日本勢初の準決勝に進んだ。「この舞台に立ちたいと思ってやってきた。今回、準決勝でどう戦えばいいかという新しい目標ができた」。横浜国大出身の才女の意欲は衰えない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニアイスの王者決定 1万3000票の中から選ばれたのは...
体中が雪に覆われた冷凍子猫。猫好き男性に発見され無事保護される(ベラルーシ)
赤西仁、黒木メイサとの“夫婦ショット”公開でファン騒然「そっくり」「2人とも男前」
TENNさん遺族とトラブルの中で......SPEED・上原多香子の事務所がやらかした“決定的なミス”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加