<激震>山口組No.2の“現場復帰”で塗り替わるニッポンの地下経済

<激震>山口組No.2の“現場復帰”で塗り替わるニッポンの地下経済

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2019/10/16

◆山口組大物がいよいよ出所
六代目山口組のNo.2である高山清司・若頭 日本最大の暴力団である山口組が分裂してから、4年が過ぎた。本家である六代目山口組は4400人。割って出た神戸山口組は1700人、さらに分派した任侠山口組は400人(いずれも2018年末の警察発表)の構成員を持つとされているが、ここにきて勢力図がガラリと塗り替えられつつある。トリガーとなるのは、六代目山口組のNo.2である高山

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加