ファーウェイ、Android代替の『Harmony OS』発表。「世界に調和をもたらす」OSとアピール

  • Engadget
  • 更新日:2019/08/09
No image

ファーウェイが、中国で開催された開発者向けイベントで新しいOS「Harmony OS」を発表しました。これはスマートフォンからモバイルPC、テレビ、スマートスピーカー、ウェアラブルデバイスに至る広範なプラットフォームでの利用を想定した、マイクロカーネルベースのOSだとされます。Harmony OSについてファーウェイのRichard Yu コンシューマー・ビジネス・グループCEOは、この新しいOSが「Androidよりも高速で安全」であり、「世界に調和をもたらす」のに役立つと主張しました。さらに、HTML5、Linux、Androidプラットフォーム向けに開発されたアプリは将来「すべてHarmony OS上で実行可能になる」と述べています。

ファーウェイはHarmony OS開発者の作業をサポートするため、C / C++、Java、Kotlinといった言語からコードをコンパイルするARKコンパイラを提供し、様々なデバイスをサポートするSDKも提供するとのこと。

今年5月、米中貿易摩擦にともなってトランプ政権がファーウェイを"エンティティリスト"に追加したことを受け、GoogleはファーウェイへのAndroidの提供を停止しました。そしてファーウェイはAndroidの代替となる独自のOSの開発を明らかにしました。

ただ、Googleが提供を停止したのはGoogle Mobile Serviceと呼ばれる、Google PlayなどGoogle謹製サービス向けの部分だけであり、オープンソース版Androidは含まれないとされます。

その後アメリカは中国向けの禁輸措置を緩和し、Googleは90日間の猶予後、ファーウェイへのAndroidライセンスも再開可能になったとされるものの、ファーウェイは独自OSの開発は続けるとしており、今週はじめには中国メディアがファーウェイが2019年内にHarmony OSを搭載するスマートフォンを発売する予定だと報じていました。

ちなみに、今回発表されたHarmony OSを搭載する最初の製品はスマートフォンではなく、8月10日発売予定のテレビ製品「Honor Vision TV」になるとのこと。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加