ソニー、豪華スペック盛りだくさんなAPS-C用Eマウントレンズ

ソニー、豪華スペック盛りだくさんなAPS-C用Eマウントレンズ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2018/01/12
No image

EDレンズや非球面レンズ、OSSにIFに円形絞りと、結構豪華な設計の標準ズームレンズ。6000番台αの相棒にピッタリ

ソニーは1月12日、APS-Cフォーマット向けEマウントレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135」を発表した。価格は8万6400円前後で、発売日は2月2日を予定している。

光学ズーム倍率は7.5倍、35mm判換算で広角27mmから望遠202.5mm相当までをカバーする。最短撮影距離は0.45m、最大撮影倍率は0.29倍。

12群16枚の光学エレメントには非球面レンズと2枚のED(異常低分散)ガラスを採用。ズーム設計はレンズが飛び出さないインターナルフォーカス方式。さらに、光学式手ブレ補正機構「OSS」や、リニアモーター、7枚羽根の円形絞りといった各機構を搭載する。

使用シーンとして同社では風景やポートレートなどの被写体における静止画のほか、動画撮影にも使えるとしている。フィルター系は55mm、フードタイプは花形バヨネット式。サイズは最大径67.2×長さ88mm、重量が325g。

■関連サイト

ニュースリリース

ソニー

製品情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Gmailの受信トレイを整理! 知ると便利な2つのテクニック
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 900円台のPCバッグや折りたたみチェアがお買い得に
スマホの保護フィルムは貼るから塗る時代へ!液体ガラスフィルムを試してみた
スーパースローでブラウン管テレビの写り方を撮影するとどんなふうに見えるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加