西武・辻監督続投 V逸も...4年ぶりCS進出決めた手腕を評価

西武・辻監督続投 V逸も...4年ぶりCS進出決めた手腕を評価

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

◇パ・リーグ 西武3―7ソフトバンク(2017年9月16日 メットライフドーム)

No image

西武の辻監督

西武・辻発彦監督(58)が2年契約の2年目となる来季も続投することが16日、分かった。ソフトバンクに敗れてリーグ優勝は逃したが、4位・オリックスが敗れたため4年ぶりのCS進出が決定。関係者の話を総合すると、昨季まで3年連続Bクラスと低迷していた状況で就任1年目の辻監督の手腕を球団フロントが高く評価。来月中に正式発表される。

今季は7月中旬から13連勝を飾るなど、現在貯金19の2位の好位置。スタメンで起用し続けた新人の源田、外崎が主力に成長するなど育成能力も高い。辻監督はV逸が決まった試合後「悔しいけど(選手が)昨年より今年の方が悔しかったと思ってくれれば価値がある」と奮起を促した。CSでの巻き返し、そして来季は10年ぶりのリーグ優勝を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
21年間の現役生活に幕 井口資仁の偉大な野球人生を振り返る
【MLB】会場は唖然、騒然...MLBで驚きの珍プレー、バントが“先頭打者弾”に
巨人、“109歳トリオ”で逆転勝ち!阿部「いいところに飛んでくれた」
鷹91勝!中継ぎ王・岩崎、フル回転71試合登板で球団新46HP
完全復活を遂げた大谷 シーズン終盤にわざわざ投手復帰したワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加