アークノハラと群馬大、完全自動運転実用化に向け路車間通信の共同研究

アークノハラと群馬大、完全自動運転実用化に向け路車間通信の共同研究

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/03/15

アークノハラは、自動運転車両を安全に受け入れられ、利用者も住民も安心できる街づくりを行うため、自動運転車両と標識や視線誘導標など道路付帯物との間で行われる通信(以下、路車間通信)の基礎開発とその有効性を確認するための共同研究契約を、群馬大学と締結したと発表した。

共同研究では、「路車間通信方式の調査・開発、通信内容の検討」、「種類・設置位置・大きさ、車両速度など複数パラメータの路車間通信の検証」

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加