ヤク「2番・中村」構想 小川監督「7番まで厚み持たせたい」

ヤク「2番・中村」構想 小川監督「7番まで厚み持たせたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

ヤクルト・小川監督が「2番・中村」構想を明かした。「つなぎという意味では中村がいいのかな。うちは投手の打率が悪い。7番まで厚みを持たせたい」と説明。山田やバレンティン、川端、畠山、雄平ら、強力打線は青木の復帰でさらに厚みを増した。最大限に生かすための可能性を探る。

No image

ヤクルト・中村

今季は主将と選手会長を務める中村は、すでに春季キャンプ中にこのプランを伝えられた。捕手が2番を務めれば、球団では94年古田敦也以来。指揮官は「オープン戦が始まってから試してみることになると思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
現役最強の“春男”は誰だ!?
ベースボールキング
他競技と新たなコラボを――選手会副会長・薗田峻輔が考えるツアー改革
奨成19日実戦デビュー「失敗を恐れずに思い切ってやりたい」
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加