久保、スペイン初ゴール!「長かったと言えば長かった」2得点に絡む活躍で勝利に貢献

久保、スペイン初ゴール!「長かったと言えば長かった」2得点に絡む活躍で勝利に貢献

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/16
No image

ゴールを決めたマジョルカ・久保建英(左)

「スペイン1部リーグ、マジョルカ3-1ビリャレアル」(10日、パルマデマジョルカ)

マジョルカの日本代表MF久保建英が2得点に絡む活躍をみせた。

まず前半11分、左サイドを切り込んだところで相手DFに倒されPKを獲得。FWラゴ・ジュニオルが先制点を決めた。後半に入り1点差に迫られた8分、ゴール正面から左足を振り抜きダメ押しとなる3点目。マジョルカに来てから10試合目にしてスペイン1部リーグでの初ゴールを決めた。

試合後、ビリャレアルのカジェハ監督は先制のPKについて「PKだったかは分からない。久保に聞いてくれ」と投げやりな発言。3点目についても「点差を詰めたところだったから効いた」と日本人選手にやり込められたと発言。マジョルカのモレノ監督は「選手個人の発言はあまり好きではないが、彼は素晴らしい選手。今日はコンスタントな働きをした」と久保の成長ぶりを喜んだ。

久保自身は初ゴールについて「チームの勝利にとても満足しているし、自分のゴールがあったからなおさら嬉しい」とコメント。「初ゴールまで長かったと言えば長かったけど、今日決まったので今までのことは忘れてこの感覚を維持したい」と話した。

先制点につながったPK獲得シーンについては「ボールが流れて中に入ろうとしたときに相手にぶつかられた。当たった感触はあったしPKだと思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
怒声・罵声禁止、練習時間短縮、お茶当番「やる意味がない」 少年野球界に新風
「ホームで砕け散った」「サポーターも呆然」日本の大敗を海外メディアも驚きをもって報道
代表デビュー!古橋が好機演出
ウェールズ逆転予選突破 ユーロ出場20チーム決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加