侍J京田3安打デビュー 二塁守備も無難にこなす

侍J京田3安打デビュー 二塁守備も無難にこなす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/13
No image

4回、二塁打を放つ京田

「練習試合、日本3-3日本ハム」(12日、清武SOKKENスタジアム)

京田(中日)が走攻守で躍動した。バットでは2点を追う三回、無死から中前打。第2打席で自身の侍初安打を刻んだ。上林の右前適時打で稲葉ジャパン初得点も記録した。

四回2死一塁では打球が二塁手のグラブをはじく隙に、一気に二塁を陥れる二塁打。最も手応えをつかんだのが六回の3安打目だ。2死二塁から、外角の変化球を狙い澄ましたように左前へ運んだ。二塁走者の桑原が本塁に突入したが、判定はアウト。惜しくも適時打にはならなかったが「うまくヘッドを寝かせて打てた」と納得顔だった。

侍で初めての二塁守備も問題なかった。5度の守備機会を無難にこなした。初めて源田と二遊間を組んだ「京源コンビ」。積極的に言葉を交わし「うまく連係は取れたと思う」とうなずいた。

稲葉監督にもアピールできた。「(1番を)やり慣れている感じがしますね。見事に3度出塁してくれた。守備の機会は少なかったけど、打撃に影響しなかった。なかなか面白い1番だなと」と、高評価を受けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加