球審がルール勘違い 智弁和歌山―興南戦でハプニング

球審がルール勘違い 智弁和歌山―興南戦でハプニング

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇第99回全国高校野球選手権第4日・1回戦 智弁和歌山9―6興南(2017年8月11日 甲子園)

No image

<興南・智弁和歌山>9回1死一塁、一塁走者・冨田は二盗失敗

智弁和歌山がハプニングを乗り越えて同校の甲子園史上最大6点差逆転勝利を飾った。

事件が起きたのは3点にリードを広げた9回1死一塁だ。8番・西川がカウント1―1から空振り。走っていた一塁走者の冨田を刺そうとして送球した捕手・諸見のプレーを妨害したとし、高野聖史球審が守備妨害を宣告したが、冨田はアウト。興南ナインは守備妨害と盗塁死で併殺と勘違いして攻守交代した。

公認野球規則では守備妨害が適用されても、走者が刺された場合は守備妨害が取り消される。ただ、高野球審は「打撃妨害で打者アウトを適用し、走者を一塁に戻してカウント1―2から再開する」と場内に説明。すぐに西貝雅裕一塁塁審の指摘を受け、本来のルールを適用して再開された。

球審の勘違いで混乱を招いたことに窪田哲之本部管理審判は「申し訳ない」と謝罪した。試合は林、冨田の2ランなどで歴史的逆転勝利。甲子園6年ぶりの白星で自身が持つ通算最多記録を64勝とした高嶋仁監督は「苦しかった。15年ぶりくらいの感じ」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
阪神、藤浪が2軍降格で糸井が1軍昇格へ
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加