元Jリーガーなどブラジルのサッカー選手ら搭乗 コロンビアで航空機墜落、死者71人

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/30

ブラジルのサッカー第1リーグ「シャペコエンセ」の選手らを乗せたチャーター機が2016年11月28日(現地時間)に南米コロンビアで墜落し、29日までに乗客乗員77人のうち71人が死亡した。

海外メディアなどが報じた。選手や報道関係者ら77人を乗せたチャーター機はボリビアからコロンビアに向かう途中、コロンビア中部の都市メデジン付近の山岳地帯に墜落。航空当局は29日までに71人の死亡が確認され、選手を含む6人の生存者がいると伝えている。

この航空機には2009年にJ1のヴィッセル神戸の監督を務めたカイオジュニオール監督のほか、元ジェフユナイテッド市原・千葉とセレッソ大阪にいたケンペス選手、元川崎フロンターレのアルトゥール・マイア選手、元柏レイソルのクレーベル選手、元京都サンガF.C.のチエゴ選手が乗っていたとみられる。当局は29日午後にフライトデータレコーダーとボイスレコーダーを回収し、事故の原因の解明を進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Cロナ&ジョゼモウリーニョ監督に”脱税疑惑”。複数の欧州メディアが報じる
クラシコ 先発メンバー発表
墜落事故生存者「死にたい」
CS決勝の判定で物議...家本政明主審がSNS閉鎖「これまで多々我慢してきましたが...」
【真似しちゃダメ!】22人全員が泥酔してサッカーをする、ある検証ビデオが話題に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加