医療事故が致命傷になる日本の病院―中国ネット

医療事故が致命傷になる日本の病院―中国ネット

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/08/15
No image

医療事故が致命傷になる日本の病院―中国ネット

11日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の病院では医療事故が発生すると致命傷になると紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2017年8月11日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の病院では医療事故が発生すると致命傷になると紹介する記事が掲載された。

記事は、東京女子医科大学病院が3年連続の赤字になったことを紹介。昨年の赤字額は22億円に達したという。記事によると、その理由は2014年に起きた医療事故のためで、2歳の男の子の手術の際、使用が原則禁止されている薬を使用したため、男の子が死亡する事故が発生した。

この医療事故後、東京女子医科大学病院は「特定機能病院」の承認が取り消された。日本には「特定機能病院」の資格を有した総合病院が80以上あり、国からの補助金を得ている。東京女子医科大学病院では、医療事故発生前は収入に占める補助金の割合が9.3%だったが、事故後は4.1%にまで減少した。

また、連日医療事故に関する報道が行われることで、病院のイメージが低下して来院者が減少するという。東京女子医科大学病院ではこの2年間で来院者数が19万人、入院者数も7万人減少した。

記事は、こうしたことで失われた命を取り戻せるわけではないものの、総合病院にとっては致命的な一撃になると指摘。特定機能病院の承認取り消しになった病院はほぼ間違いなく医療事故が発生しており、このような厳格な処分がきちんと行われるため、日本では病院を相手取って騒ぎを起こすことが少ないのだと分析した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「中国の病院ではミスや間違いを犯すのは患者の側と決まっている」、「中国の病院が一番すごいよ。病気じゃなくても手ぶらで帰すことはしない。まずは全面的な検査をする」、「日本と比べたら中国には何の資格もないな」など、日本と中国では全く異なるとのコメントが多数寄せられた。(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国人も「猟奇的な勢い」と驚く訪日韓国人激増の理由=「僕の両親も日本には絶対行かないと常々言っていたが...」―韓国ネット
「外国人は慰安婦像を見てあざ笑っている」韓国野党員の指摘が波紋=韓国ネット「人間とは思えない」「像は日本人を反省させるための神聖なもの」
危機で高まる「コリア・パッシング」の懸念:韓国の生存戦略は?
日本人が全く気にしない7つの失礼な行為―中国ネット
インドで中国人を見かけないのはなぜか? 北インド放浪3カ月 第3回

中国・韓国・アジアのランキング

最近人気のあったニュース

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加