ヘタフェ柴崎がスーパーゴール、バルサはパウリーニョ弾で逆転勝利

ヘタフェ柴崎がスーパーゴール、バルサはパウリーニョ弾で逆転勝利

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/17
No image

16-17スペイン1部リーグ第4節、ヘタフェ対FCバルセロナ。得点を喜ぶヘタフェの柴崎岳。Anadolu Agency提供(2017年9月16日撮影)。

【AFP=時事】16-17スペイン1部リーグは16日、第4節の試合が行われ、FCバルセロナは柴崎岳に先制ゴールを許したものの、パウリーニョの加入後初得点が決勝点となり、ヘタフェから2-1の逆転勝利を収め、開幕4連勝を達成した。

苦しみながらも勝利したバルセロナは、翌日レアル・ソシエダと敵地で対戦するレアル・マドリードとの勝ち点差を暫定で7に広げた。しかし、クラブ史上最高額で獲得したウスマン・デンベレが太ももを痛めて前半途中に負傷交代し、数週間離脱する可能性が出てきている。

鹿島アントラーズ時代に出場したクラブW杯でレアルから2得点を奪って世界に存在を知らしめた柴崎は、前半39分に相手のクリアボールをダイレクトで合わせると、ドライブ回転のかかったボレーシュートがマルクアンドレ・テル・シュテーゲンの牙城を破り、ヘタフェに先制点をもたらした。

対するバルセロナは、交代選手の活躍で盛り返した。後半からアンドレス・イニエスタに代えてデニス・スアレスを投入すると、セルジ・ロベルトの右からの折り返したボールを受けたスアレスは、ゴール左上隅にカーブをかけたシュートで同点ゴールを決めた。

そして迎えた終盤、バルセロナはリオネル・メッシのスルーパスに走り込んだパウリーニョがファーサイドにシュートを決めて逆転に成功した。エルネスト・バルベルデ監督は「厳しい試合になったが、幸運なことに勝利できた。試合をひっくり返せたし、チームがみせた反発力には大きな意味がある」とコメントした。

ネイマールがフランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(PSG)に去ったあと、バルセロナの経営陣は移籍市場で迷走を繰り返し、移籍金4000万ユーロ(約52億円)を費やしたパウリーニョの獲得も大きな批判の的になっていたが、ブラジル代表MFは決勝点で自分の価値を証明した。

パウリーニョはクラブ公式チャンネルのバルサTVで「ゴールを決められてとてもうれしい。一番重要なのは決勝点だったことだ。ヘタフェには優秀な選手がいるし、先制を許して難しい試合になったが、落ち着いてがまんしながら勝利を目指した」とコメントした。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“絶対的守護神”離脱で緊急事態のバイエルン、昨季引退の36歳GKが現役復帰
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
途中出場43秒弾!!堂安のオランダ初ゴールは貴重な逆転弾
武藤嘉紀の3人抜き&GK股抜きゴールを独紙称賛「相手は混乱。ソロで得点」
オリンピックを目指す選手の運動神経はマジでヤバい! ってことが45秒でわかる動画がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加