秀岳館が初回9球3点先制、横浜終盤反撃も初戦敗退

秀岳館が初回9球3点先制、横浜終盤反撃も初戦敗退

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

1回表秀岳館無死、右越え安打を放ち三塁へヘッドスライディングする竹輪(撮影・田崎高広)

<全国高校野球選手権:秀岳館6-4横浜>◇11日◇1回戦

序盤からリードした秀岳館が横浜を振り切った。

秀岳館、横浜ともに2年連続の出場で、秀岳館は今春センバツまで3季連続で4強入りしている。

秀岳館が鮮やかな先制攻撃をみせる。1回表、1番竹輪が右三塁打すると、続く半情が犠飛と試合開始からわずか3球で先制。さらに3番木本から長短3連打とたたみかけ、さらに2点を加え、3-0。打者5人。ここまで横浜先発・塩原が投じたのは9球だった。

秀岳館は3回、広部の三塁打を足場に1点を加点。守る横浜は3回途中で先発塩原から奥村へ、4回からは3番手・及川と継投した。

4点を追う横浜は5回に反撃する。先頭増田が中前打を放つ。万波が四球でつなぎ、増田の三盗で無死一、三塁。続く福永の犠飛で1点を返した。

横浜は7回から万波が登板。2死から満塁のピンチを迎えると5番手板川へスイッチする。秀岳館はこの2死満塁で先発川端の代打、橋口が右前に弾き返し、2者が生還。

秀岳館は7回から2番手田浦が登板する。横浜は2死一、三塁とチャンスを作ると、6番福永が左中間へ3ラン本塁打。4-6と詰め寄ったが、届かなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加