開幕戦大勝のU17日本、フランス相手に攻撃陣が不発...1勝1敗で最終節へ

開幕戦大勝のU17日本、フランス相手に攻撃陣が不発...1勝1敗で最終節へ

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/10/12
No image

フランス相手に攻撃陣が不発に終わった[写真]=佐藤博之

11日、FIFA U-17ワールドカップインド2017のグループリーグ第2節が行われ、U-17日本代表はU-17フランス代表と対戦した。

初戦のホンジュラス代表戦に大勝し、開幕白星を飾った日本。前節に引き続き4-4-2のフォーメーションで、GKは谷晃生、ディフェンスラインは右から喜田陽、小林友希、菅原由勢が入り、左サイドバックは初戦から変わって馬場晴也が選ばれた。中盤の2枚は平川怜と奥野耕平のコンビ。右サイドに前節ハットトリックの中村敬斗、左サイド上月壮一郎が先発に選ばれた。FWには宮代大聖と久保建英が起用されている。

No image

U-17日本代表のスタメン [写真]=佐藤博之

立ち上がり、日本はボールを保持する展開だが、奪ってからシンプルに攻めるフランスに決定機を作られる回数が多い。すると13分、相手陣内でボールを奪われるとフランスのカウンターが開始。日本は足を伸ばして触ったボールが主審に当たってフランスボールになってしまう不運もあったが、ハーフライン付近からのロングパス1本にアミーヌ・グイリが抜け出しそのままシュート。GK谷も体に当てたがボールはゴールに吸い込まれてしまった。

No image

カウンターから失点 [写真]=佐藤博之

追いつきたい日本は上月がドリブル突破からシュートを放つなどでチャンスを作るがフランスの牙城を崩せず、前半をビハインドで折り返した。

後半は打って変わってフランスがボールを持つ展開。日本はボールを奪ってもなかなか前に運べず、ゴールが遠い。すると71分、フランスが右サイドから攻撃しヤシン・アドリがエリア内に進入。グイリと3回、ワンタッチのパス交換で日本守備陣を完全に崩し、最後はグイリが2点目を流し込んだ。しかし直後、相手エリア内の混戦から宮代が突破をはかる。鋭いドリブルにフランスDFがファール、日本にPKが与えられる。宮代が自分できっちりと決めて1点を返した。

しかし反撃もここまで。フランス相手に1-2で敗戦し、1勝1敗で14日の最終節ニューカレドニア代表戦に臨む。

【スコア】
U-17フランス代表 2-1 U-17日本代表

【得点者】
1-0 13分 アミーヌ・グイリ(フランス)
2-0 71分 アミーヌ・グイリ(フランス)
2-1 73分 宮代大聖(日本)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこ岩渕から若手へ“海外進出の勧め”スイス戦から一夜
なでしこジャパンは本当に弱体化しているのか――。スイス監督が言及「2年前とは......」
PK戦勝利の前橋商、準決勝は前橋育英とのライバル対決に:群馬(10枚)
伝統校・前橋商飛躍のカギ握る右サイド、SB高橋主将&MF中島(4枚)
人体の弱点をつく。風間理論による解決策。身体能力に左右されずゴールを奪う方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加