"SMAP解散"の流行語ノミネートは「無視できなかった」 選考委員・室井滋が見解

"SMAP解散"の流行語ノミネートは「無視できなかった」 選考委員・室井滋が見解

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

「『現代用語の基礎知識』選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」の選考委員を務めた女優の室井滋が1日、東京・帝国ホテルで行われた授賞式に出席。ノミネート30語に「SMAP解散」を入れたことについて言及した。

No image

「『現代用語の基礎知識』選 2016ユーキャン新語・流行語大賞」選考委員の室井滋

室井は「お正月から不倫発覚や薬物疑惑など、さまざまなことが起こって、それに伴った言葉もたくさん、たくさん出ました」と、流行語豊作の1年だったことを強調。そんな中で、30語をノミネートした際に「SMAP解散」という言葉を選んだことについて、「流行語・新語ではないのではないかというご意見をたくさん聞かれました」と、批判があったことを認めた。

しかし、「"SMAP"という日本を代表するグループ。これに"解散"という言葉がくっつくことで、全国の人が『SMAP解散』というのをすごく口にしたということで、これは無視できない言葉なのではないかという意味合いにおいて、30語の中に選ばれたと思います」と見解を説明。ちなみに、「SMAP解散」は、年間大賞・トップ10には選ばれなかった。

なお、同賞はこれまで、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が選考委員長を務めてきたが、今年夏に東京都知事選に立候補する際、辞退を申し出たそうで、今回は選考委員に名を連ねなかった。室井は「鳥越さんが(選挙戦で)何をおっしゃるのかなと、だいぶ注目してたんですけど、鳥越さんから新語はありませんでした」と、念を押して報告していた。

No image

今年のトップ10受賞者たち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新垣結衣と石原さとみの衣装が丸かぶり!「逃げ恥」「校閲ガール」に珍事発生
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
奇跡の“二次元ボディ”天木じゅん、たわわな美バスト際立つビキニで魅了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加