[球蹴男児U-16リーグ]佐賀東FW吉岡ハットも、“華麗なる猛虎”東海大福岡が三度突き放して白星

[球蹴男児U-16リーグ]佐賀東FW吉岡ハットも、“華麗なる猛虎”東海大福岡が三度突き放して白星

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/10/12
No image

[10.8 球蹴男児U-16リーグ第17節 佐賀東高 3-4 東海大福岡高 垂水市多目的広場]

九州の強豪18校が総当りのリーグ戦で優勝を争った「2017 球蹴男児U-16リーグ」は8日に最終節を行い、佐賀東高(佐賀)対東海大福岡高(福岡)戦は東海大福岡が4-3で逆転勝ちした。

撃ち合いを東海大福岡が制した。前半、CB寺田虎太郎、CB松岡泰志から丁寧にショートパスを繋いで攻める佐賀東に対し、東海大福岡はMF本山潮音やMF新垣智基が観戦していた他校の選手たちを驚かせるようなテクニックを披露。そして推進力あるFW徳山碧とFW大賀日陽が力強い動きでゴールへ迫った。

22分には左サイドへ抜け出したMF山川泰尚の折り返しを徳山が押し込んで先制点。さらに29分にも徳山が決めて2-0と突き放した。一方、ここまで2勝に終わっている佐賀東だが、怯まずに攻め続ける。そして、コンビネーションからFW中嶋祐太らがシュートへ持ち込むと、41分と45分にFW吉岡ダニエル洋志が連続ゴールを決めて同点に追いついた。

後半5分、東海大福岡は交代出場のMF阿部竜伸が勝ち越しゴール。だが、佐賀東はわずか2分後、この日前線で力強いキープやドリブルを見せていた吉岡がこの日3得点目となるゴールを決めて同点に追いつく。

東海大福岡は2度同点に追いつかれる展開となったが、後半38分、MF安高剛樹のスルーパスに反応したMF新垣が右足ループシュートで決勝点。三度突き放した“華麗なる猛虎”東海大福岡が4-3で勝利した。

決勝点の新垣は「チーム全体として昨日の試合も入り悪くて、今日の試合も入りが悪かった。それでも、昨日、今日と逆転勝ちすることができた。勝ち切る力が前期はなかった。勝ち切る力がついたと思います」とチームの進化について口にしていた。激戦区・福岡を突破して全国出場を目指す東海大福岡は7位、佐賀東は17位で大会を終えている。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク

2017 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【J1ベストイレブン】劇的勝利を演出した川崎キャプテンをMVPに! 英国人ストライカーも選出|29節
混乱J2群馬、群馬出身タレントJOYもファンの“SOS”に同調「県民にもっと愛されないと」
<サッカー>中国メディアが「アジアナンバーワン!」「この選手に敬礼!」と手放しで絶賛した日本人選手
監督解任の横浜FCに痛手...永田拓也がじん帯損傷、全治約4カ月
【清水】MF杉山浩太が現役引退...「今あらためて思うことは」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加