菊池雄星がメジャー初完封、MLBで100球以内の完封を何と呼ぶ?

菊池雄星がメジャー初完封、MLBで100球以内の完封を何と呼ぶ?

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2019/08/19

マリナーズの菊池雄星投手が18日のブルージェイズ戦で待望のメジャー初完封勝利を挙げた。2安打無失点1四球で8奪三振という投球内容だった。

菊池はここまで25試合に先発して、4勝8敗、防御率5・56。6月23日を最後に、8先発続けて白星から遠ざかっていた。

No image

・合わせて読みたい→
大谷が菊池、前田からホームラン、過去に最も多かった日本人対決とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/most-frequent-japanese-confrontation-at-majorleague/)

4年総額5600万ドル(約59億円)、出来高など含めると最長で7年総額1億900万ドル(約114億円)という大型契約で入団した期待には応えられていなかった。

メジャー挑戦した日本人投手は、1年目に良い成績を残す傾向が強い。2年目以降は疲労も蓄積してくるし、何より球筋と投球傾向などが分析され、丸裸とされるからだ。

そういう点では、過去の日本人投手と比較しても、菊池のここまでの1年目は及第点にも達していなかった。米国のファンからは、やはり1年目から期待を裏切ったヤンキース・井川慶投手の名前を挙げ「ケイ・イガワ2世だ」という辛辣なコメントも飛んでいた。

その低評価を覆す快投。メジャーリーグ公式HPも「これこそ、この3カ月間マリナーズが待ち望んでいた菊池雄星の姿だ」と力強い書き出しで初完封の模様をレポートした。

何より出色だったのが、わずか96球という球数の少なさだった。

メジャーリーグでは100球以内の完封を、かつての名投手の名前になぞらえて「マダックス」と呼ぶ。ブレーブスなどで精密機械と呼ばれた制球力を武器に活躍し、通算355勝した殿堂入り投手グレグ・マダックスのことだ。

日本人投手でかつてマダックスを成し遂げた投手は、大家友和、黒田博樹、田中将大の3人しかいなかった。4人目のマダックス達成者として、菊池が名前を残した。

日本ではパワー投手として常時150kmを超す直球で勝負し、制球力に定評があるタイプではなかった。西武時代、昨年は完封自体がなかったが、2017年にはCSも含めると計5試合で完封勝利を挙げた。全て球数は100球を超えており、1度目から順番に144球、140球、11球、121球、121球だった。

この日は1四球でまとめた菊池だが、急に制球力が劇的に向上したわけではないだろう。直球は94~95マイル(約151~153km)前後。ファウルでカウントを稼ぐなど直球に力があり、どんどんとゾーン内に投げ込み、ストライクゾーンの中で勝負できていた。

ブルージェイズ打線の早打ちにも助けられた。7回は7球、8回は8球で、ともに3者凡退に料理した。点差が開いていき終盤に向かうにつれ、相手打線のアプローチは大味となり淡泊に映った。

また、たいていはカード最終戦となり試合後に移動するケースの多い日曜日のデーゲームというのは、比較的早い試合展開になりやすい。ブルージェイズはロサンゼルスへ、マリナーズはタンパへの移動を、試合後に控えていた。そんな背景も、記録的快投の裏には隠れていたのかもしれない。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武を救った辻発彦の一瞬の判断。野村克也は「お前のプレーで負けた」
楽天、台湾の人気球団・ラミゴ買収も!選手交流によるチーム強化や育成面にもメリット
巨人・宮本コーチの“無責任発言”に批判噴出! 菅野抹消、二転三転する態度に「ズムサタに帰れ」の声
楽天平石監督が退任へ 後任候補に三木2軍監督ら
ヤクルトは長期展望より目先の整備。崩壊状態を救う即戦力投手が必要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加