ISが避難民狙い爆弾攻撃、18人死亡 シリア北東部

ISが避難民狙い爆弾攻撃、18人死亡 シリア北東部

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

シリア東部デリゾールから隣接するハサカ県に逃れてきた避難民(2017年8月13日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】シリア北東部ハサカ県で12日、イスラム過激派組織「イスラム国」による国内避難民を狙った自動車爆弾攻撃があり、クルド人治安要員を含む少なくとも18人が死亡した。在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団」が発表した。

同監視団によると、現場は同国東部デリゾール県から避難してきたシリア人が集まる場所だった。

石油資源が豊富なデリゾール県では、ロシアが支援するシリア政府軍と米国が支援するクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍」の2勢力がそれぞれISに対する攻撃を行っている。

SDFのタラル・セロ報道官も、ハサカ県南部でデリゾール県から避難してきた人々を狙った自動車爆弾が爆発したことを確認。AFPに対し「数十人が死傷した」と語った。爆発後、「民間人は砂漠地帯へと逃げたが、そこで地雷が爆発し、死傷者が増えた」という。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラッカ陥落は「悪いニュース」 避難民が直面する“次の苦難”
飼育放棄された犬を緊急トリミング トリマーも大変身した姿に涙(米)
【報ステ】中国・習主席「世界一流の軍隊へ」
【報ステ】今市事件の控訴審 自白の信用性は...
アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加