日本が大会史上初の銅!ボルトは脚痛めゴールできず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/15
No image

男子400メートルリレーで銅メダルを獲得し笑顔で場内をまわる、左から多田、飯塚、桐生、藤光(撮影・河野匠)

<陸上:世界選手権>◇12日◇ロンドン◇男子400メートルリレー決勝

日本が大会史上初の銅メダルを獲得した。多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、藤光謙司(31=ゼンリン)で臨み38秒04で3位に入った。昨年リオデジャネイロ五輪の銀メダルに続く表彰台を飾った。

レース後の多田は「予選よりもいい走りができたので良かったです」、飯塚は「本当にうれしい。内容はいろいろあるけど純粋にうれしい」、桐生は「メダルがとれて本当に良かったです」、藤光は「最高です。予選を通過してくれたケンブリッジの分、サポートしてくれた(サニブラウン・)ハキームの分まで走りたいと思っていたので、本当にこういう結果になった良かったと思います」と話した。

ジャマイカは第4走者を務めたウサイン・ボルトが脚を痛めてゴールできず。現役最後のレースをまさかの形で終えた。英国が37秒47で初優勝し、米国が37秒52で2位だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「中古車を購入したら...前の所有者が彼女から受け取ったメモ書きが残っていた」→世の男たちを震え上がらせた文面
上原多香子、無言で謝罪する足元に漂う違和感で囁かれる「妊娠説」!
この日本のインコの歩きっぷりを見れば「元気になれる!」と海外で話題に笑
「慰安婦は韓国人があっせん」「反日は韓国社会の闇を隠蔽するため」、韓国人研究者が暴露―台湾メディア
最年少は4歳! 際どいハイレグも着こなす「女児下着ショー」に非難殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加