DeNAドラ1東、初ブルペン「今の段階ではいい」

DeNAドラ1東、初ブルペン「今の段階ではいい」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

初のブルペン入りで力強い球を投げ込んだDeNAドラフト1位の東

DeNAのドラフト1位、東克樹投手(22=立命大)が新人合同自主トレ第2クール2日目の13日、初めてブルペン入りした。

捕手を立たせての立ち投げで30球。制球を乱す場面も見られたが、力強い球を投げ込んだ。「今の段階ではいいかなと思いますが、納得がいかない球もあった。納得いかない球を出来るだけ少なくして、これからにつなげていきたい」と表情を引き締めた。

同じくブルペン入りしたドラフト4位、斎藤俊介投手(24=JX-ENEOS)も立ち投げで30球。「初めてのブルペンで、いつもより多少、力みました。ここまでの練習は順調にきています」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】エンゼルス大谷翔平、米野球専門誌が選ぶ若手有望株トップ100で堂々の2位
入団確実視...松坂大輔が中日に与える計り知れない影響
大幅戦力入れ替えの鍵を握る新外国人4選手...2018年日本ハムの助っ人陣容
日本ハム清宮、右手親指の負傷「大したことない」
内川、福浦が迫る2000安打 過去に達成者を最も世に送り出した球団は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加