夏場所日程発表、番付発表は30日初日は5月13日

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17

日本相撲協会は17日、大相撲夏場所(5月13日初日、東京・両国国技館)の御免祝いを開き、主な日程を発表した。5月2日には両国国技館で、暴力問題の再発防止に伴う研修会を開催する。また同3日に両国国技館の本土俵で行われる、横綱審議委員会稽古総見は一般公開される。主な日程は以下の通り。

▽4月30日=番付発表

▽5月1日=力士会

▽8日=新弟子検査

▽11日=取組編成会議、野見宿禰(のみのすくね)神社例祭

▽12日=土俵祭り

▽13日=初日

▽27日=千秋楽

▽28日=横綱審議委員会定期委員会

▽30日=大相撲名古屋場所番付編成会議

▽31日=相撲教習所卒業式、入所式

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新十両若隆景に母校が化粧まわし「新たな気持ちで」
スポットライトが土俵を変える 演出効果で力士もテンションアップ
若隆景に化粧まわし「3兄弟での関取が今後の夢」
稀勢の里三番稽古6勝5敗「受け攻め両方」狙いあり
稀勢の里が栃煌山と11番、夏場所へ「充実してる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加