あなたは大丈夫?本当は怖い、睡眠不足の症状7選

あなたは大丈夫?本当は怖い、睡眠不足の症状7選

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2018/08/10
No image

毎日の忙しい生活の中で、ついつい犠牲になるのが睡眠です。少しくらい睡眠不足が続いても大丈夫と安易に考えていると、危険なことになります。睡眠不足がもたらす様々な症状を、紹介していきます。

集中力や記憶力の低下

睡眠不足により脳の働きが低下します。

脳の疲れは寝ることで回復していきますが、睡眠がしっかり取れていないと、疲労が蓄積していくのです。そうなると集中力も下がり、記憶力も低下してしまいます。ミスをしたり、事故を起こしたり、仕事などの効率も下がります。

対応能力の低下

睡眠不足の時は、なにか想定外のことが起きた場合に、パニックを起こしたり、何も行動できなくなったり、反射神経も鈍くなるため、転びやすくなったりするかもしれません。運動をされる方は、けがをしやすくなるので注意が必要です。

太りやすくなる

先ほども挙げたように、睡眠不足は脳の働きを低下させるので、食欲をコントロールする脳の働きにも影響してきます。研究によると、食欲が出るホルモンの分泌が増えることが判明しています。

起きている時間が長いため、ついつい食べる機会が多いので太るということもあります。肥満は、生活習慣病など様々な病気につながるので要注意です。

金縛りになる

睡眠中、意識があるのに突然手足が動かなる、目を閉じられない、耳鳴りがする、息ができない、重みを感じるなどの経験をされたことがあるかもしれません。

日本人の4割は経験しているとされている金縛りも、睡眠不足がもたらす症状のひとつです。睡眠のリズムである、ノンレム睡眠とレム睡眠の順番の崩れにより生じます。

人の感情を汲み取りにくくなる

睡眠不足により、認知機能が低下します。そのため、相手の感情が理解できなかったり、スムーズに会話を運ぶことができなくなったりして、ついキツイことを言ってもめ事を起こしたり、人間関係を壊してしまうことすらあるかもしれません。

最近の研究では、睡眠不足は、ほろ酔いと同じような状態だとされています。酔っていると物事をきちんと説明できなかったりしますが、それと同じようになるというわけです。

No image

イライラしたり、涙もろくなったりする

感情をコントロールしているのも脳の一部分です。そして、睡眠不足になると、心の安定を保つセロトニンというホルモンが減ります。

そのため、イライラしたり、不機嫌になったりします。また、気持ちが落ち込んだり、涙もろくなったり、不安感が増したりもします。うつ病に似た症状を発症することもあります。

ホルモンバランスが崩れる

睡眠不足により基礎体温にも影響が出ます。成人女性の体温は高温期と低温期に分かれますが、睡眠不足になるとそれが乱れるため、ホルモンのバランスが崩れてきます。

ホルモンバランスが崩れると、月経周期にも影響が出ますし、精神的なバランスも崩れます。

まとめ

睡眠不足がもたらす症状を取り上げてみました。睡眠不足は、自分自身の心身の健康に大きく影響することが分かります。対人関係にまで影響するので、たかが睡眠不足と捉えていると、いろいろなものを失う危険もあります。

自分の生活スタイルを見直してみて、睡眠時間を確保できるように調整してみてはいかがでしょうか。

関連記事:
疲れ知らずの体に!疲労回復に効く食事10選

関連特集:
Rhythm内の「疲労回復」に関する、記事はこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
汚部屋で暮らす“捨てられない人”の特徴。まず捨てるべき15のものとは?
筋トレ男子:「今の方が圧倒的にモテます」。ガチで肉体を磨き始めた男に訪れた、意外な変化
一目見るだけで「自閉症」か診断できる錯視動画がスゴイ! 脳のクセが瞳孔に発現、潜在的な自閉症の診断にも効果的!
それは、悲劇までのカウントダウン。束縛女を安易にLINEブロックした、愚かな男
1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加