トラン・アン・ユン監督作「エタニティ」9月に公開、オドレイ・トトゥら出演

トラン・アン・ユン監督作「エタニティ」9月に公開、オドレイ・トトゥら出演

  • ナタリー
  • 更新日:2017/08/12

トラン・アン・ユン監督作「エタニティ 永遠の花たちへ」の公開日が9月30日に決定。ポスタービジュアルと場面写真が到着した。

No image

「エタニティ 永遠の花たちへ」ポスタービジュアル

すべての写真を見る(全9枚)

No image

「青いパパイヤの香り」「ノルウェイの森」のトランが初めてフランスを舞台にメガホンを取った本作。アリス・フェルネの小説をもとに、華やかなベル・エポックから激動の時代へと突入していくフランスに生きた3世代の女性たちの姿が描かれる。

17歳で婚約するヴァランティーヌに「アメリ」のオドレイ・トトゥ、初恋の相手と結婚するマチルドに「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロラン、親が決めた結婚に戸惑いと不安を抱くガブリエルに「アーティスト」のベレニス・ベジョがキャスティングされた。そのほか、ヴァランティーヌの息子でマチルドの夫・アンリに「SAINT LAURENT/サンローラン」のジェレミー・レニエが扮している。

YouTubeで公開中の予告編では、運命に翻弄されながら生きていくヴァランティーヌ、マチルド、ガブリエルの姿が映し出されていく。「夏至」「ノルウェイの森」でもトランとタッグを組んだリー・ピンビンが撮影した美しい映像を楽しむことができる。

「エタニティ 永遠の花たちへ」は、東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。

(c)Nord-Ouest

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ママレード・ボーイ」実写化決定!今、振り返りたい原作の魅力 なぜ“カリスマコミック”として支持され続けるのか?
「ママレード・ボーイ」実写映画化へ!桜井日奈子×吉沢亮ダブル主演
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
ママレード・ボーイ実写化決定に「大事件」と世代女子ざわつく どうなる“連絡ツール”...光希&遊以外の配役予測も
【速報】『ママレード・ボーイ』が実写映画化決定! 主演は桜井日奈子&吉沢亮ですってよ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加