武藤が技ありゴールで4得点目 チームは逆転負け

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14

<ブンデスリーガ:ハノーバー3-2マインツ>◇13日◇ハノーバー

マインツFW武藤嘉紀が今季4得点目を決めたが、チームは2-3で逆転負けした。

武藤は前半26分、左からのパスが相手DFに当たったこぼれ球をペナルティーエリア内で体勢を崩しながらも拾うと、シュートフェイントでタイミングを外し、相手DF2人の間を抜く技ありの左足シュートを突き刺し先制点を奪った。武藤の得点は9月30日のウォルフスブルク戦以来。

チームは同31分にDFが追加点を挙げてリードを広げたが、相手MFフルクルクにPKを含むハットトリックを決められて逆転負けした。

6試合連続で白星のないマインツは4勝5分け9敗の勝ち点17で15位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツ11年目、34歳の長谷部誠「これからも新しい発見を求めていきたい」
武藤、見事な2ゴールでマインツ快勝の立役者に! 2試合連続弾で今季通算6点目
レスターが“メモリアルゴール”で勝利! 決定機逸も岡崎には万雷の拍手「今日もシンジは素晴らしかった」
マインツFW武藤嘉紀、嫌な流れ断ち切る2ゴール
エイバル乾、2年の契約延長へ 連動性を評価と現地紙報道「重要視している優先事項」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加