在位30年式典は来年2月 「国事行為」で退位の儀式

在位30年式典は来年2月 「国事行為」で退位の儀式

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

政府は来年4月30日に行われる天皇陛下の退位の儀式を「国事行為」とすることを来月中旬までに閣議決定する方針を固めました。

天皇陛下の退位を巡っては、準備委員会で儀式の在り方などについて検討が進められています。儀式を国事行為とすることは、政府が儀式に関与することの根拠を明確にするためです。また、政府は来年で天皇陛下が在位30周年となることを受け、来年2月下旬に政府主催で式典を開催する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「築地に市場つくらない」小池知事発言の矛盾と疑問
名護市長選では、実は「基地容認」ではなく「基地不要」の民意が支持されていた?
名護市長選ショック! 11月の沖縄県知事選挙で翁長知事が打ち出すべき“与党と闘える経済政策”は?
“工作員妄想”と批判された三浦瑠麗氏「大阪やばい」発言の情報源
自民・岸田氏 総裁選の立候補見送りを示唆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加