え?小さすぎ!? 男性が密かに抱える「下半身のお悩み事情」3つ

え?小さすぎ!? 男性が密かに抱える「下半身のお悩み事情」3つ

  • nosh.media
  • 更新日:2016/10/18
No image

出典:shutterstock

女性には女性特有の悩みがあるように、男性には男性特有の悩みというものがあります。中でも、もっともコンプレックスを抱えがちな問題は、下半身に集約されているものです。

ズバリ、男性はこの問題に頭を悩ませない日はないというほどに、大きな心の闇を抱えているんですよね。

今回は、男性が抱えがちな下半身の悩みについてご紹介します。

■サイズについての悩みは尽きない!

男性はもう、本当にどうしようもないことで悩む動物です。

下半身については、10代前半から特に悩みの温床となり、それはどんなに周囲が慰めても、気が気でないものとなってしまいます。

たとえばサイズ。日本人男性の平均は、およそ13.5センチとされていますが、それよりも大きければ大きいで、エッチをする際に相手を気遣うことも少なくないため、気負う瞬間も多いわけですね。また、小さければ小さいで、エッチで相手を満足させられないように思えてきます。

実際に恋人と初エッチのときに「ちっさ!」といわれてしまい、女性恐怖症になってしまった男性もいるようです。

サイズについての悩みは、男性にとってはかなり深刻なものなのです。

■形が悪いと相当な悩みの種になる!

また、下半身のアレって、人それぞれに形が違いますよね。

自分の下半身がちょっと普通と形が違うように感じてしまうと、男性はもうダメ。そればっかり気にするようになってしまいます。

たとえば温泉で、他の男性と自分を見比べてため息をつくとか、そういうことってよくあることです。

最近では手術でどうにでもできるようですけど、病院に行くのもちょっと億劫なところもあるでしょうし、場所が場所だけに誰かに相談もしにくいという男性は、目につかないだけで相当数いるのかもしれません。

■使い物にならない夜があると、絶望するしかない!

最後に、これは特に20代後半から体験する男性が多くなる悩みなんですが、純粋に若い頃に比べて、下半身の活力が損なわれていくんですよね。

以前はもう、それこそ一晩中……なんてことも可能だったはずなのに、気が付くともう、せいぜい1回が関の山なんてことも。

男性の体力は、20代前半でピークを迎え、そこからは右肩下がりになるといいます。

体力とは、エッチの際には欠かせないエネルギー。これが減ってしまうことで、淡泊なエッチになってしまうわけです。

時には年齢を感じさせず、まさに絶倫といえるような男性もいますが、そういう特例を知ってしまうと、なおさら普通の体力しかない男性は、自己嫌悪に陥ってしまうんですよね。

こんな具合に、男性は若い頃から中年になって以降もずっと、下半身にはいくつかの悩みを抱えて生きていくものです。これはたとえ彼女が「大丈夫だよ、満足だよ」といっても、なかなか気が晴れるものでもありません。

こと、下半身問題については、ノータッチで話題にしない方がお互いの心の平穏のためにも良いでしょう!

【画像】

※ BONNINSTUDIO/shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

恋愛カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もう可愛すぎてイクッ!男性が胸キュンするセックス中の“ウブな反応”5選
既婚女性に聞く「結婚前にやっておかないと後悔する5つのこと」
血液型別「セックスの相性」ランキング!2位はB型女子×B型男子
妊娠したらどうするの!?生挿入をしたがる男性の本音5つ
「お前最高!」挿入ナシでも、彼に気持ちよくなってもらう方法!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加