豪グレートバリアリーフで過去最大の白化現象、北側に大きな被害

豪グレートバリアリーフで過去最大の白化現象、北側に大きな被害

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/11/29
No image

オーストラリア・クイーンズランド州北部沖合のグレートバリアリーフで、白化したサンゴを調べる科学者(2016年11月29日、豪ジェームズ・クック大サンゴ礁研究センター提供)。

【AFP】オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフで、サンゴの色が白くなる白化現象が今年に入り、過去最大規模で進んでいることが28日、科学者らの最新調査で分かった。

グレートバリアリーフは全長2300キロを誇る世界最大のサンゴ礁だが、今年3~4月の海水温が暖かかったことで、全体の3分の1に当たる北側が大きな被害を受けた。

北側700キロは人間が近づきにくいために、より手付かずのままの状態だが、海中の追跡調査の結果、浅瀬にあるサンゴ礁の67%が過去8~9か月の間に消滅したことが分かり、上空からの調査を裏付けた。

一方、主要観光地のケアンズやウィットサンデー諸島を含むグレートバリアリーフ中部・南部の被害は比較してかなり小さかった。

豪ジェームズ・クック大学を拠点とするサンゴ礁研究センターのテリー・ヒューズ所長は「2016年の被害の大半は(グレートバリアリーフの)北側の最も手付かずの地域で起こっている」と述べ「この地域は、1998年と2002年に発生した白化現象では小さな被害にとどまったが、今回は大きな影響を受けている」と指摘している。

白化現象は通常サンゴと共生して光合成を行う微小な藻類が、海水温度の上昇など異常な環境条件によって失われることで起きる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イタリア・オーストリアで注目の投票進む
極右政党候補者が自信 オーストリア大統領選挙
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!
否決なら首相辞任か 伊で憲法改正めぐる国民投票
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加