キングジムの電子メモパッド「ブギーボード」に衝撃をやわらげるラバーケース付き&横書きデザインモデルが新登場

キングジムの電子メモパッド「ブギーボード」に衝撃をやわらげるラバーケース付き&横書きデザインモデルが新登場

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

キングジムは、アメリカのKent Displays 社が開発・販売している電子メモパッド『Boogie Board(以下、ブギーボード)』の新モデルとして、衝撃をやわらげるラバーケース付きで、より使いやすく進化した『ブギーボード BB-10』を2 月16 日より発売する。価格は7000円。

No image

『ブギーボード』は、付属のスタイラス(描画用のペン)や爪などで、液晶画面に直接書き込みができる電子メモパッド。紙に文字を書くような滑らかな書き心地が特徴だ。今回の新製品では、ラバーケースを本体に取り付けることで使用時の衝撃を緩和。また握りやすく滑りにくい形状のため、オフィスや家庭での使用や、屋内スポーツ等での活躍も期待できる。一方、本体裏面にはマグネットが内蔵されているので、ラバーケースを外せばデスクや冷蔵庫などの金属面に本体を貼り付けて使用できる。

そして不要な消去を防ぐロック機能を搭載。サイドのイレースロックボタンを上にスライドをすることで、不用意な消去を防ぐことができる。また、ロック中でもメモを書き足すことは可能だ。ブギーボードシリーズ初の横書きデザインも採用しており、より使いやすくなった。

No image

本体サイズは幅295×奥行き13×高さ200mm、約360g。画面サイズは10.2インチ (225×130mm)。電池はコイン型リチウム電池(CR2025)1個使用。約5万回の書き換えが可能。本体色はアカ、キミドリ、アオ。

関連情報

http://www.kingjim.co.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“顧客ファースト”でシェア上位 独自路線の「mineo」、次なる施策は?
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
自宅の無線LANがつながりにくいので5.3GbpsのWi-Fiルーターを導入してみた結果
900万円の女 AI搭載の受付ロボ「協栄アイちゃん」の実力
脳が喜ぶ曲をAIが自動作曲!実際に聴いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加