最新ランキングをチェックしよう
平成の日本経済が残したもの - 新元号時代への教訓 第4回 平成の日本経済を振り返る - 山一証券破綻で金融危機に突入

平成の日本経済が残したもの - 新元号時代への教訓 第4回 平成の日本経済を振り返る - 山一証券破綻で金融危機に突入

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/03/19

○負債総額3兆円 - 「飛ばし」と「簿外債務」が原因

平成9年(1997年)11月24日、「山一証券」が自主廃業を決定しました。かつてバブル経済を牽引した大手証券会社の経営破綻は、バブル崩壊後の日本経済悪化が「来るところまで来た」ことを示す象徴的な出来事となりました。日本経済は不況の域を超えて金融危機に突入し、「底割れ」の状況となっていったのでした。

バブル崩壊後の株価低迷で証券会社各社は収益

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥貴族の大失速が教える「商売の価格設定」こんなに難しい
アクセンチュアが会津若松のデジタル化実証事業拠点を強化、その狙い
軽自動車と小型車を比べると維持費はどう変わる...? その意外な結果
那覇軍港に「異形の真っ赤な船」あらわる その「深海能力」で墜落のF-35A戦闘機捜索へ
ジープ&アルファロメオが今、日本で“すさまじい勢い”で販売急増の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加