最新ランキングをチェックしよう

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。/西勝 ユズル

  • STORYS.JP
  • 更新日:2018/01/16

そっか、あなたは○○をしたかったんだね。

この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本代表のスピードとテクに圧倒された」ウルグアイメディアが脱帽!
「温泉に入っただけ」で男性が4年間も意識不明に その原因に「背筋が凍る」
「アジア勢に屈辱の連敗」「日本の素早さの前に...」森保ジャパンに敗れたウルグアイ代表を母国紙が辛辣批判!
【悲報】「時空を切り裂き、宇宙を崩壊させる」CERNの7倍の威力をもつ“中国版LHC”がもうすぐ誕生で人類滅亡へ!
「日韓の違いは...」ウルグアイの老将が東アジアの2チームを比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加