最新ランキングをチェックしよう

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。/西勝 ユズル

  • STORYS.JP
  • 更新日:2018/01/16

そっか、あなたは○○をしたかったんだね。

この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日大アメフト部員を心配するとんかつ店『とんかつ山路』が良心的すぎて心配になるレベル
私、愛されてる?:「夫はATM」と割り切れない妻。愛のない夫へ突きつけた禁句とは?
日大広報・米倉久邦氏の「華麗な経歴」 共同通信・元論説委員長で多くの著書が
元Dream5重本ことり、美バスト大胆露出 衝撃のグラビアデビュー
【書評】ユニクロ潜入一年の記者が暴く、バイトらの悲痛な叫び声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加