ホークス和田 松坂世代の灯消さん

ホークス和田 松坂世代の灯消さん

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

同世代の灯は消さない-。福岡ソフトバンクの和田毅投手(35)が29日、「松坂世代」の一員としてさらなる奮起を誓った。ダイエーの同期入団で切磋琢磨(せっさたくま)してきたヤクルト新垣渚投手(36)の現役引退が明らかになったことを受け、心中を吐露。「つらいし寂しい」と率直に漏らす一方で「まだまだやれるんだぞ、というところを見せられるように」と、残る同学年の現役選手の意地を代弁した。

■切磋琢磨し成長

思い出は尽きない。新垣の引退を伝え聞いた和田は「ホークスの同期がそういう決断をしたのはつらいし、寂しい」としつつ、こうねぎらった。「彼がここまで努力してきた上での決断。本当にお疲れさまでした、と言いたい」

早大出身の和田に対し、新垣は九共大出身。ともに2003年に自由獲得枠でダイエーに入団し、いきなり日本一を経験した。新垣は翌04年から3年連続で2桁勝利をマーク。その後は故障などもあり、14年途中にトレードでヤクルトに移籍した。「最初の頃は、渚の後(翌試合)に僕が投げて…。よく渚が投げている姿を参考にしていた」と振り返る。「縁あって同じチームに入ることができた。渚に負けたくない、少しでもいい成績を出したいと思ってやっていた。スギ(杉内俊哉=現巨人)もいて、切磋琢磨(せっさたくま)していたのが、僕も成長できた要因」と言い切った。

同世代の現役が年々減っていく。「こういう時期…寂しいけど、まだ同学年がいますからね。残された同学年で『まだまだやれるんだぞ』というところを見せられるよう、しっかりトレーニングしたい」。米球界から日本復帰1年目の今季は15勝で最多勝と勝率第1位(7割5分)のタイトルを獲得。3年契約2年目の来季目標は、2年連続、史上最年長に並ぶ最多勝に置いている。

長く現役を張り、誰も無傷ではない。「いろいろケガもした。家族にも迷惑をかけた。渚もケガをした中でやってきた。家族の支えがあってのこと。お疲れさまでした、と家族の皆さんにも言いたい」と思いを巡らせた。

世代の旗手、ホークスのチームメートでもある松坂は復活を期しプエルトリコのウインターリーグに参戦する。「出発したのも聞いた。それぞれ自分の道を進んでいく」。まだ新垣本人から直接、引退を聞かされてはないという。「12月中には会う機会があると思う。またいろいろ話したい」。立場は変われど、同じ時代を生き、苦楽をともにして戦った絆が、各自を踏ん張らせる。 (森 淳)

=2016/11/30付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
巨人の大補強は最終章へ!最速164キロ右腕カミネロ獲得決定的
2017年オフを盛り上げる!?来季FA権取得が予想される選手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加