太陽光発電パネルと大容量バッテリーを搭載したバックパック【今日のライフハックツール】

太陽光発電パネルと大容量バッテリーを搭載したバックパック【今日のライフハックツール】

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/10/13

電源の確保が難しい状況を考えれば、モバイルバッテリーはとても重要です。そして手持ちのガジェットが多いほど、いざというとき電源の確保が気になるもの。

でも、普段使いのバッグにバッテリーが内蔵されていると、安心感が大きく違ってきます。さらに太陽光パネルを搭載していて、緊急事態でも晴れてさえいればバッテリーに蓄電できるとなれば、鬼に金棒と言えるでしょう。

『Array Solar Backpack』は、大自然の中で長時間の撮影をするカメラマンをメインターゲットにしたバッグですが、一般人にとっても有用なアイテムとなります。

たとえば災害に遭ったとき、このバッグがあれば通信手段を確保できる可能性が高くなります。本日10月13日は「国際防災の日」。防災バッグとして準備しておくのもいいでしょう。

No image

Image:Voltaic Systems

容量は25リットルと、バックパックとしては標準的なサイズ。これに、19,800mAhの大容量バッテリーが内蔵されています。

バッテリーは、一般的なスマートフォンなら7回程度、ノートパソコンでも1回分満充電できるほどの容量ですから、問題を感じることはないでしょう。

もちろん家庭用コンセントから充電することもできるのですが、ユニークなのは先に述べた太陽光パネルが付いているところ。太陽光パネルは、日光に1時間当てておけば、スマートフォンを1時間使用する程度の発電をしてくれる能力があります。

いざというとき、あるとないでは大違い。今のうちに確保しておくのはいかがでしょうか。

Image:Voltaic Systems

Source:Voltaic Systems,Voltaic Systems / YouTube

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ガチ】人は死の瞬間に“自分が死んだ事実”を認識することが研究で判明! 「医者の死亡宣告も聞いた」遺体には意識が宿り続けている(米研究)
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
ヨーロッパで温水洗浄便座が広まらない3つの理由
取り間違えと盗みを防ぐ 持ち手がカスタムされた「盗まれにくい傘」が“キモい”ナイスアイデア
痴漢常習者の歪んだリアル―標的になる“泣き寝入りしそう”な女性とは...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加